大阪難波駅と近鉄奈良駅、阪神との相互直通運転10周年記念入場券を販売

ニュース画像:記念入場券台紙 イメージ - 「大阪難波駅と近鉄奈良駅、阪神との相互直通運転10周年記念入場券を販売」
記念入場券台紙 イメージ

近畿日本鉄道は2019年3月17日(日)から、「阪神・近鉄相互直通運転10周年記念入場券」を大阪難波駅と近鉄奈良駅で販売します。これは、3月20日(水)に近鉄奈良線、難波線と阪神なんば線、本線との間の相互直通運転が開始されてから、10週年を迎えることを記念して行われるものです。

販売される記念入場券の台紙は、大阪難波駅、近鉄奈良駅、それぞれで2種類ずつ計4種類が用意されています。販売価格は1枚150円です。販売期間は3月20日(水)までですが、販売枚数は各駅500枚に限定されおり、売切れ次第、終了となります。

販売場所は、大阪難波駅が記念グッズも取り扱う西改札口コンコースの特設会場で、販売開始は10時です。記念グッズの販売が終了するか15時になった時点で、残り枚数があれば駅営業所で販売します。近鉄奈良駅の販売場所は、東改札口コンコースで10時から12時まで販売、12時以降に残り枚数があれば、特急券窓口で販売します。

期日: 2019/03/17 〜 2019/03/20

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ