神戸市営地下鉄と北神急行は一体的運行へ 阪急グループから神戸市へ譲渡

神戸市企画調整局政策企画部交通政策課は2019年3月29日(金)、神戸市営地下鉄と北神急行線の一体的運行の実現のため、阪急電鉄グループが保有する資産を、神戸市交通局が譲受する条件について、阪急電鉄グループ側と基本合意に達したと発表しました。

これは、北神急行線の運賃低減を行うための措置で、谷上~三宮間が280円となる水準を目指すとしています。一体的運行は2020年中、遅くとも2020年10月1日(木)までの実施を目指す方針です。これにより、相互直通運転を行っている北神急行線と神戸市営地下鉄西神・山手線は、運営や運賃面でも一体的なものになります。

資産等の譲渡価格は、資産に瑕疵がないことを前提に税別198億円として、残債務は神戸市、神戸市交通局では引き継ぎません。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)