北海道新幹線、時速320キロに高速化 JR北海道が国交省に要請

ニュース画像:新函館北斗~札幌間 - 「北海道新幹線、時速320キロに高速化 JR北海道が国交省に要請」
新函館北斗~札幌間

©JR北海道

JR北海道は2019年5月13日(月)、北海道新幹線を時速320キロメートルで走行できるよう、建設工事を進めるよう国土交通省に要請しました。新函館北斗~札幌間の最高運転速度は、現在の計画で時速260キロメートルですが、現計画との工事費の差額およそ120億円をJR北海道が負担し、実現を目指す計画です。

新函館北斗~札幌間の工事区間は約212キロメートルあり、そのうち80パーセントに相当する約170キロメートルがトンネルです。JR北海道は、約30カ所のトンネル坑口に設置される緩衝工を延長し、それ以外の約42キロメートル区間のうち、約30キロメートル区間の防音壁を嵩上げが必要としています。防音壁を嵩上げした区間は、高架橋の強度を高める必要もあります。

工事費は約120億円と試算され、詳細設計など今後の実施段階で精査していく方針です。時間短縮効果は5分程度です。今後は、建設主体の鉄道・運輸整備機構と時速320キロメートル運転の実現に向け、調整します。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)