JR新神戸駅、ストリートピアノを設置 神戸市内のJR駅では初導入

JR西日本神戸支社と神戸市は2019年7月11日(木)、JR新神戸駅にストリートピアノを設置しました。設置場所は2階改札外待合コーナー付近、利用可能時間は7時から22時です。

このピアノは、神戸が「日本で初めてプロのバンドによりジャズが演奏された街」といわれ、ジャズに関連したイベントなど、音楽に関わるさまざまな取り組みが行われていることから、音楽による街のにぎわい創出を目的として設置されたものです。

新神戸駅では、6月6日(木)から6月21日(金)まで試験設置されていました。神戸市は、市内でストリートピアノの設置を進めており、JR西日本の神戸市内の駅では初めての導入となります。なお、設置期間は「当面の間」としています。

期日: 2019/07/11から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ