相鉄・JR直通線、二俣川〜新宿間は最速44分 大宮方面へ直通も

ニュース画像:直通線で使用される12000系 - 「相鉄・JR直通線、二俣川〜新宿間は最速44分 大宮方面へ直通も」
直通線で使用される12000系

©相模鉄道

JR東日本と相模鉄道は、2019年11月30日(土)から「相鉄・JR直通線」の運行を開始しますが、このたび、運行計画の概要を発表、所要時間や運行本数について明らかにしました。

この路線は、相鉄線の西谷駅から分岐し、新駅「羽沢横浜国大駅」を経由、JR武蔵小杉駅までの区間を結ぶものです。海老名〜新宿間での相互直通運転が予定されており、朝通勤時間帯の一部の列車は大宮方面にも直通します。

1日あたり運転本数は46往復で、朝ピーク時間帯は1時間あたり4本の列車が運行されます。列車種別は、海老名〜新宿間を全駅停車する「各停」と、海老名、大和、二俣川と西谷〜新宿間の全駅に停車する「特急」が設定されます。

主な区間の最短時間は、二俣川〜新宿間が44分、大和〜渋谷間が45分、海老名〜武蔵小杉間が36分です。

期日: 2019/11/30から

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)