JR東日本、五能線鶴泊駅の駅舎改築工事を実施 9月上旬から

ニュース画像:鶴泊駅の新駅舎 イメージ - 「JR東日本、五能線鶴泊駅の駅舎改築工事を実施 9月上旬から」
鶴泊駅の新駅舎 イメージ

©JR東日本

JR東日本秋田支社は、2019年9月上旬から12月中旬まで、五能線鶴泊駅の駅舎を改築工事を実施します。この改築は鶴泊駅の老朽化に伴うものです。

新駅舎は、現駅舎の木造のイメージを取り込み、折り鶴のモチーフを駅舎正面窓にデザインします。木造平家建の15.5平米の大きさに、待合室、倉庫が設けられます。

なお、9月中旬から12月上旬までは、現駅舎より東能代方面に設けられる仮駅舎で営業します。

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)