延岡駅、突風で鉄道コンテナ飛ぶ被害 停電で日豊本線が運転見合わせ

2019年9月22日(日)8時30分過ぎ、宮崎県延岡市の延岡駅で突風が吹き、駅施設に被害が出ました。この影響で日豊本線は12時時点で佐伯〜日向市間で運転を見合わせています。

突風により、延岡駅では駅構内の鉄塔が倒れたり、鉄道コンテナが飛ばされるなどの被害がありました。日豊本線では市棚〜日向市間で停電が発生し、延岡駅周辺の建物でも窓ガラスが割れるなどの被害が出ています。

なお日豊本線では、延岡駅の突風被害とは別に南宮崎〜財部間で倒竹による停電が発生、一時付近の運転が見合わせとなっていましたが、12時現在、運転は再開され、南宮崎〜鹿児島中央間に遅れが出ています。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ