東京メトロ、全駅社員がiPhoneを携帯 サービス品質向上へ

ニュース画像:iPhoneを活用した案内のイメージ - 「東京メトロ、全駅社員がiPhoneを携帯 サービス品質向上へ」
iPhoneを活用した案内のイメージ

©東京メトロ

東京メトロは、2019年10月15日(火)から勤務中の全駅社員がiPhoneを携帯し、ICTを活用した質の高いサービスを提供すると公表しました。

この取り組みでは、iPhone約1,500台を導入し、日比谷線北千住駅、中目黒駅、中野駅、西船橋駅、代々木上原駅、和光市駅、半蔵門線・副都心線渋谷駅、目黒駅を除く東京メトロ線全駅で、勤務中の全ての社員がiPhoneを携帯します。

これにより列車の在線情報やリアルタイムな運行情報をいち早く把握、乗客からの問い合わせに対して迅速、的確な案内が可能となるなど、サービス品質が向上します。また、多言語翻訳アプリ「はなして翻訳」を活用した訪日客への案内強化、社員間のICTを活用した連絡、迅速な情報共有などが可能となり、質の高いサービスが提供できるとしています。

期日: 2019/10/15から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ