山手線の全駅、発車標を「約○分後」に表示変更 分かりやすく

ニュース画像:液晶ディスプレイ化された発車標 - 「山手線の全駅、発車標を「約○分後」に表示変更 分かりやすく」
液晶ディスプレイ化された発車標

©JR東日本

JR東日本は、山手線など駅のホーム上で列車到着までの時間表示を充実するなど、利用環境の改善を実施します。山手線は全駅のホーム上の発車標で、列車が駅に到着するまでの時間「約○分後」と表示し、列車到着までの時間をより分かりやすくします。

山手線は運行頻度が高いため、列車を待つ時間をより分かりやすく知らせます。これまでは次の列車の位置と到着時間を表示していましたが、位置表示はそのままに、「約○分後」と待ち時間を表示します。対象は2020年春開業予定の高輪ゲートウェイ駅を含む山手線すべての30駅で、2019年11月から2020年7月までに順次、実施します。なお、本数の少ない早朝、深夜時間帯は、従来の発車時刻「○時○分」が表示されます。

また、山手線はじめ、東京支社管内の一部駅で、ホーム上の発車標を従来の発光ダイオードのLEDから液晶ディスプレイのLCDに変更し、視認性を向上します。山手線の16駅、中央線快速の2駅、中央・総武線各駅停車の5駅、京浜東北線の6駅、横須賀・総武線の3駅、計28駅で2020年7月までに順次実施します。対象以外の駅は、設備の取り替え時期などを考慮し、整備を進めます。

このほか、ホーム上での自動音声による英語案内機能の強化について実施範囲を拡大します。山手線では上野駅、鶯谷駅、田端駅、大塚駅を含む22駅で実施していますが、これを全駅に拡大するほか、中央線、中央・総武線、埼京線、湘南新宿ライン、京浜東北線、京葉線、横須賀・総武快速線、上野東京ラインの計47駅に拡充します。

ニュースURL

簡単に記録・集計できます!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)
  • ニュース画像:液晶ディスプレイ化された発車標

    液晶ディスプレイ化された発車標

    ©JR東日本

  • ニュース画像:LEDの発車標

    LEDの発車標

    ©JR東日本

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ