JR西日本、せとうちエリアの新観光列車を「etSETOra」と命名

ニュース画像:etSETOra - 「JR西日本、せとうちエリアの新観光列車を「etSETOra」と命名」
etSETOra

©JR西日本

JR西日本は、2020年10月からの「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」を契機に導入する新観光列車について、列車名を「etSETOra(エトセトラ)」に決定しました。

名前は、「その他いろいろ。等々。…など。」という意味を持つラテン語の「et ceter」になぞらえ、瀬戸内が「次から次に紹介したくなる魅力」に溢れていることを表現しています。また、「えっと」は広島弁で「たくさんの」、「多くの」という意味も持っていることから、列車で「えっと瀬戸の魅力を感じてほしい」という思いも込められています。

「etSETOra」はキハ47形気動車2両編成を使用し、呉線と山陽線の宮島口~尾道間で運行される予定です。外観デザインは瀬戸内海の「青」や海岸線から見える波の「白」など「せとうち」を表現しています。

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ