東急、全車両へLED蛍光灯一体型の防犯カメラ導入 2020年7月完了

ニュース画像:IoTube搭載位置と利用イメージ - 「東急、全車両へLED蛍光灯一体型の防犯カメラ導入 2020年7月完了」
IoTube搭載位置と利用イメージ

©東急電鉄

東急電鉄は2020年3月から7月まで、車両内のセキュリティ向上を目的に、こどもの国線を除く所属全車両にソフトバンクの4Gデータ通信に対応した、LED蛍光灯一体型の防犯カメラ「IoTube(アイ・オー・チューブ)」を順次導入します。鉄道車両へ4Gデータ通信機能を備えたLED蛍光灯一体型の防犯カメラ導入は、業界初の事例です。

IoTubeは、4Gのデータ通信でカメラの映像データを送信し、遠隔で記録映像を確認できるLED蛍光灯一体型の防犯カメラです。東急電鉄が協力、MOYAIの特許技術で開発した製品で、ソフトバンクが販売、通信サービスを提供します。これまで、車内設置の防犯カメラ映像は、カメラから記録媒体を抜き取り、事務所などで専用パソコンから確認していましたが、IoTubeでは映像をほぼリアルタイムに確認できるため、車内トラブル発生時に迅速に対応可能です。

本格導入を前に東急電鉄とソフトバンクは、2019年5月末から6月末まで大井町線の一部車両で、9月から田園都市線の一部車両でIoTubeの試験導入を行いました。その結果、IoTube本体の強度、映像の撮影角度、設置場所でのデータ通信の電波強度などが確認でき、正式導入を決定しました。

導入にあたり、1車両あたり4台の設置を基本に、2020年7月までに全車両1,257両へ導入します。ただし、池上線と東急多摩川線所属車両は1車両あたり3台、世田谷線所属車両は1車両あたり2台設置が基本です。すでに防犯カメラ設置済みの田園都市線と大井町線所属車両は1車両あたり2台、池上線と東急多摩川線所属車両は1車両あたり1台を設置します。

期日: 2020/03/01 〜 2020/07/31

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ