原宿駅、3月21日から新駅舎 明治神宮側の臨時改札は今年が最後

ニュース画像:新駅舎外観(明治神宮側) - 「原宿駅、3月21日から新駅舎 明治神宮側の臨時改札は今年が最後」
新駅舎外観(明治神宮側)

©JR東日本

JR東日本は2020年3月21日(土)初電から、原宿駅の新駅舎・新ホームの供用を開始します。

新駅舎は、線路・ホーム上に設置された2層の駅舎で、駅業務施設、コンビニエンスストア、カフェなどが入居します。これまでの駅舎と比べ、コンコースは約3倍、トイレは約2倍に拡張され、改札は2通路増設されます。出入口は、表参道方面と明治神宮方面の2方向に設置される予定です。

なお、現駅舎は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会終了後に解体し、防火地域の基準に適した材料を用いて、現在の意匠を再現して建替えられる計画です。

毎年、明治神宮への参拝客の利便性向上を目的として実施されている年末年始の臨時改札については、2019年12月31日(火)23時から2020年1月1日(水)17時まで、1月2日(木)から1月5日(日)の各日10時から17時まで実施される予定です。新駅舎には明治神宮方面出入口が整備されることから、今回で臨時改札の設置は最後となります。

期日: 2020/03/21から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ