特急「踊り子」、2020春からリニューアル車両を順次投入

ニュース画像:車両イメージ - 「特急「踊り子」、2020春からリニューアル車両を順次投入」
車両イメージ

©JR東日本

JR東日本は2020年春頃から、特急「スーパービュー踊り子」と特急「踊り子」に使用する251系、185系車両を、リニューアル車両へ順次置き替えます。

中央線や内房線、外房線などで使用していたE257系をリニューアルした車両への置き替えで、乗り心地や車内の静粛性が向上するほか、バリアフリー設備を完備し、快適な移動空間を提供します。新たに投入する車両は、E257系2000番代9両編成と2500番代5両編成で、合計137両です。

車両エクステリアは、伊豆の「空の色」と「海の色」をイメージした「ペニンシュラブルー」を基調とし、東海道線沿線の新しい原風景の創出となるようなデザインとなっています。車内は、伊豆らしい色彩を使用し、普通車は「スタンダードでありながら奥行き感のある現代的な間」、グリーン車は質感にもこだわり「リッチで高品質感のある現代的な空間」を目指しています。

座席には新たにコンセントが設置されるほか、5号車と11号車にはバリアフリー対応トイレが備えられます。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ