さいたま新都心駅、自律移動型ロボット6台の実証実験

ニュース画像:実証実験のイメージ - 「さいたま新都心駅、自律移動型ロボット6台の実証実験」
実証実験のイメージ

©JR東日本

JR東日本は2019年12月9日(月)から12月13日(金)までの期間、さいたま新都心駅で自律移動型ロボット6台の実証実験を行います。

実験を行うロボットは、警備ロボット、清掃ロボット、移動支援ロボットが各1台、案内・広告ロボットが3台の計6台です。

期間中の各日10時から15時まで、駅構内コンコースで実験が行われ、日によって使用されるロボットが変わります。現状、ロボットが人間のように群集の中を移動できる俊敏さを持っていないことから、実験では駅に予め設置した流動を計測するレーザーセンサなどからの情報をロボットに与えることにより、ロボットの移動を支援します。また、ロボット自体に取り付けられたセンサ情報のみを使用した移動と、駅クラウド情報をプラスした移動との比較が行われます。

今回の実験は、駅でのロボットの移動に関する基礎部分の確認を目的としているため、各ロボットが移動する際には、試験関係者が付き添う予定です。

期日: 2019/12/09 〜 2019/12/13

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ