無人の土合駅にグランピング施設、JR東初の地域活性化取り組み

ニュース画像:グランピング施設 - 「無人の土合駅にグランピング施設、JR東初の地域活性化取り組み」
グランピング施設

©JR東日本

JR東日本とJR東日本スタートアップは、2020年2月12日(水)から3月22日(日)まで、群馬県の上越線土合駅に無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE」を開設し、地域活性化を目ざした実証実験を実施します。日本一の「モグラ駅」として知られる上越線土合駅にグランピング施設を展開し、無人駅の新たな価値を提供します。

実証実験は、モニター宿泊プラン「モグラハウス」の開設をはじめ、駅舎内ラウンジ「モグ cafe」の開設、野外ロウリュサウナの実施などを計画しています。モニター宿泊プラン「モグラハウス」は、国内初の泊まれるインスタントハウスで、一般のテントに比べ、頑丈かつ断熱性に優れている特徴があり、テント内から電車が見える客室で非日常感を演出します。宿泊料金は1名あたり税別18,000円で、客室は全2室です。

駅舎内ラウンジは7時から18時まで営業し、谷川岳周辺のアクティビティを楽しむ方、地元の方が気軽に立ち寄り休憩できるよう、おにぎりやみそ汁、コーヒー、ビールなどを販売します。野外ロウリュサウナは、11時から18時まで営業し、みなかみの大自然を眺めながら手軽に楽しめる定員4名のサウナです。

JR東日本スタートアッププログラム 2019で採択した、VILLAGEとの協業で、無人駅に新たな価値を提供し、旅行者や登山者だけでなく、地元の方も気軽に立ち寄れる、多くの人が集う地域交流の場を生み出し、地域の活性化を目指します。

期日: 2020/02/12 〜 2020/03/22

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ