SL北びわこ号、2020年の春季運転は7日間

ニュース画像:シバチャンさんの鉄道フォト - 「SL北びわこ号、2020年の春季運転は7日間」
シバチャンさんの鉄道フォト

©シバチャンさん

JR西日本は、北陸本線の米原~木ノ本間で運転する「SL北びわこ号」について、2020年の春季運転日を発表しています。春季の運転日は、4月から6月の7日間です。

   ***新型コロナウィルス感染拡大防止のため一部休止***

運転する列車は下りの「SL北びわこ号」のみで、運行時刻は米原10時9分発、木ノ本着10時52分着です。途中、長浜、虎姫、河毛、高月に停車します。牽引機はD51形200号機が使用されます。

客車は12系客車5両で、全車指定席となり定員は424名です。チケットは、普通乗車券の他に指定席券おとな530円、こども260円が必要です。車内ではJRの社員が写真撮影の手伝いを行うほか、終点の木ノ本駅では、模擬店の出店などが行われる予定です。

合わせて、2020年の運転計画についても発表しています。

■「SL北びわこ号」運転予定日
<新型コロナウィルス感染拡大防止のため運転休止 2020/3/25発表>
4月26日(日)、5月3日(日)

<春季運転>
5月10日(日)、5月17日(日)、6月14日(日)、6月21日(日)、6月28日(日)

<夏季運転>
7月5日(日)、7月12日(日)、7月19日(日)、8月16日(日)、8月30日(日)

<秋季運転>
10月18日(日)、10月25日(日)

期日: 2020/04/26 〜 2020/06/28

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ