近鉄、鮮魚列車廃止で専用車導入 車体に「伊勢志摩お魚図鑑」ラッピング

ニュース画像:「伊勢志摩お魚図鑑」 - 「近鉄、鮮魚列車廃止で専用車導入 車体に「伊勢志摩お魚図鑑」ラッピング」
「伊勢志摩お魚図鑑」

©近畿日本鉄道

近畿日本鉄道は2020年3月13日(金)をもって、50年以上にわたって運行してきた鮮魚専用の「鮮魚列車」の運行を終了します。3月16日(月)以降は、一般列車に鮮魚車両1両を連結して運行します。

   ***3月22日(日)「新旧鮮魚車両撮影会ツアー」は中止***

3月16日(月)から導入される鮮魚専用車両は、ラッピング車両「伊勢志摩お魚図鑑」として導入され、車体全体に伊勢志摩の海に生息する43種類の魚をリアル描いたデザインが採用されます。車両は、平日に松阪駅6時44分発、大阪上本町駅8時46分着の列車の最後部に鮮魚運搬専用の車両として連結されます。

なお近鉄は、鮮魚車両の交代に伴い、3月22日(日)に青山町車庫で「新旧鮮魚車両撮影会ツアー」を開催します。ツアーの定員は100名で、2月21日(金)から3月12日(木)まで、近鉄各駅の営業所で申し込みを受け付けます。旅行代金は、近鉄名古屋駅出発の場合は大人1人7,620円、大阪難波駅出発の場合は大人1人7,000円です。

期日: 2020/03/16から

ニュースURL

乗りつぶし、もう断念させません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ