Suica、Garminのウェアラブルデバイスで利用可能に

ニュース画像:Suica対応のGarminウェアラブルデバイス - 「Suica、Garminのウェアラブルデバイスで利用可能に」
Suica対応のGarminウェアラブルデバイス

©JR東日本

ガーミンジャパン(Garmin)とJR東日本は2020年5月下旬から、Garminの新しいウェアラブルデバイスで、JR東日本が提供するSuicaの発行やチャージなどのサービスに対応します。ランニングやゴルフなど様々なアクティビティを記録できる時計が、Suicaとして鉄道やバス、買いものなどに利用でき、キャッシュレス化の推進にも貢献します。

AndroidスマートフォンもしくはiPhoneとウェアラブルデバイスをペアリングし、Garmin Connect Mobileアプリケーションを操作すると、ウェアラブルデバイスでSuicaの発行やGoogle Payによるチャージなどが利用できます。Suicaは日本全国の約5,000駅、約5万台のバスをはじめ、交通系電子マネーとして2020年3月末時点、約94万店舗で利用可能です。

なお、対象ウェアラブルデバイスはApproach S62シリーズ、fenix 6Xシリーズなどで1台のデバイスに発行できるSuicaは1枚です。また、ウェアラブルデバイスとペアリングしているAndroidスマートフォンもしくはiPhoneへのSuica移行はできません。

ニュースURL

撮り溜めた鉄道写真、整理しませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ