GarminのウェアラブルデバイスでSuicaが利用可能に

ニュース画像:GarminでSuicaが利用 - 「GarminのウェアラブルデバイスでSuicaが利用可能に」
GarminでSuicaが利用

©JR東日本

ガーミンジャパンとJR東日本は2020年5月21日(木)から、Garminのウェアラブルデバイスで、JR東日本が提供する交通系ICカード「Suica」の発行やチャージが利用できるサービスを開始しました。

このサービスはAndroidスマートフォンもしくはiPhoneとGarminのウェアラブルデバイスを同期し、Garmin Connect Mobileアプリケーションを操作することにより、ウェアラブルデバイスでSuicaの発行やGooglePayによるチャージが利用できます。これによりGarmin PayのSuicaで電車と買いものがスピーディー、かつスマートに利用できます。

サービスの年会費は無料で、デポジットは不要です。利用できる機能・サービスは、新規発行、チャージのほか、残額表示、履歴表示、払い戻し、タッチでGo!新幹線、新幹線eチケットサービスなどです。

Garminは、Suica対応を記念して、5月21日(木)から6月21日(日)まで、Instagramキャンペーンを実施します。期間中、Instagramにて、#garminpaysuicaのハッシュタグとともに、Suicaが表示された時計画面やアプリ画像を投稿すると、抽選で、3名にGarmin初のソーラー充電対応モデル「fēnix 6X Pro Dual Power Ti Black DLC」がプレゼントされます。

期日: 2020/05/21から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ