水島臨海鉄道、6月1日から倉敷市駅に設置 オリジナル商品も投入

ニュース画像:水島臨海鉄道 ガシャポン - 「水島臨海鉄道、6月1日から倉敷市駅に設置 オリジナル商品も投入」
水島臨海鉄道 ガシャポン

©水島臨海鉄道

水島臨海鉄道は2020年6月1日(月)午後から、50周年特別企画で倉敷市駅にオリジナル商品が入った「ガシャポン」を設置します。

このガシャポンは1回300円で、旅客車両が8種、貨物車両が2種に加え、シークレット商品が3種あり、水島臨海鉄道車両のアクリルスタンドを入手するとコンプリートです。旅客車両には、MRT300形式が3種、キハ30形式、キハ37形式が2種、キハ38形式、キハ205、貨物車両には、DD50形式とDE70形式が用意されています。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ