京都鉄道博物館でSL「無限列車」運行 12月26日から

ニュース画像:SLスチーム号 「蒸気機関車8620形8630号機」(norikadさん撮影) - 「京都鉄道博物館でSL「無限列車」運行 12月26日から」
SLスチーム号 「蒸気機関車8620形8630号機」(norikadさん撮影)

©norikadさん

京都鉄道博物館では2020年12月26日(土)から2021年3月14日(日)まで、「無限列車」仕様の8620形蒸気機関車8630号機が、SLスチームの牽引機として運行します。SL動態保存機での「無限列車」仕様は、JR東、JR九州に続き3例目です。

今回の「無限列車」の運行は、大人気TVアニメ「鬼滅の刃」と東映太秦映画村、京都鉄道博物館、嵐電で開催する 「京ノ御仕事 弐」のコラボイベントです。8620形が牽引する「SLスチーム号」車内では、主人公の竈門炭治郎の声で、往復1㎞の旅を案内します。

8620形8630号機は、現在公開中の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のモデルとされ、物語と同じ大正時代製造のものです。また、先に運行したJR九州の同型機の「無限列車」とは違い「門デフ」(除煙板:デフレクター)がなく、映画に登場するSLに近いとされています。

「SLスチーム号」の8620形での牽引は除外日があります。来館前日の18時以降に京都鉄道博物館のウェブサイトで確認してください。なお、12月26日(土)から2021年1月11日(月・祝)の間は、原則として前売入館券(枚数限定)を購入した方のみが入館できます。

また京都鉄道博物館では、入り口付近の「プロムナード」に展示しているC62形26号機に、「京ノ御仕事 弐」の描き下ろしイラストを使用したヘッドマークを掲出します。このほか、館内に設置された隠し撮影スポットを見つけてノベルティをもらう「館内ラリー」も開催されます。

期日: 2020/12/26 〜 2021/03/14

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ