JR東日本、新型「GV-E197系」と「E493系」2021年春導入

ニュース画像:「GV-E197系」 - 「JR東日本、新型「GV-E197系」と「E493系」2021年春導入」
「GV-E197系」

©JR東日本

JR東日本は2021年春以降に、砕石輸送用の「GV-E197系気動車」と、車両けん引用の「E493系電車」を導入します。

「GV-E197系気動車」は、砕石輸送や砕石散布作業用車です。電気式気動車のため、電化・非電化区間を問わず走行が可能です。一般的な線路に敷き詰められている道床バラストと呼ばれる砕石は、列車走行により摩耗等が発生するため、これを補充する際に使用します。量産先行車として、6両1編成が高崎エリアに投入されます。なお、 非電化区間の車両の入換作業や回送列車のけん引にも使用します。

ニュース画像 1枚目:E493系電車
E493系電車

©JR東日本

「E493系電車」は、車両の入換作業や回送列車のけん引用車両です。交直流切り替え方式により、電化方式にかかわらず走行が可能です。量産先行車として、2両1編成が首都圏エリアに投入されます。

いずれも、2021年春以降、性能試験を実施後に運用を開始する予定です。

ニュースURL

あなたの貴重な写真、後世にのこしませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ