再びサービス中止に、グランクラスアテンダントがコロナ感染

JR東日本は2021年7月16日(金)から当面の間、東北・北海道、上越、北陸新幹線のすべてのグランクラス(飲料・軽食あり)の営業を中止し、 発売を見合わせます。新幹線グランクラスのアテンダントが新型コロナウイルス感染が確認されたことを受けた営業中止です。

7月16日(金)以降の発売済みのグランクラス(飲料・軽食あり)のきっぷは、事前に無手数料でグリーン車等への変更、差額の払いもどしが可能です。 東北・北海道、上越、北陸新幹線グランクラス(飲料・軽食なし)は発売を継続し、引き続き利用が可能です。

JR東日本は、新型コロナウイルスの感染が確認されたアテンダントと利用客との濃厚接触はなく、車両や事業所内等の関係個所は消毒を実施済みとしています。

期日: 2021/07/16から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ