JR西「271系 ハローキティ はるかで行く 車両基地入線 日帰りの旅」開催 11月23日

ニュース画像:「はるか」281系(左) と271系(中・右) 2021年1月撮影(キイロイトリさん撮影) - 「JR西「271系 ハローキティ はるかで行く 車両基地入線 日帰りの旅」開催 11月23日」
「はるか」281系(左) と271系(中・右) 2021年1月撮影(キイロイトリさん撮影)

©キイロイトリさん

JR西日本と日本旅行は2021年11月23日(火・祝)、初の共同企画となる「271系新型ハローキティ はるかで行く 車両基地入線 日帰りの旅」を開催します。コロナ禍にデビューし、すぐに運用本数が少なくなってしまった新型のJR西日本271系電車「ハローキティ はるか」で、通常では営業運行していないルートを体験乗車できるツアーです。

ツアーは新大阪駅発、天王寺駅着のコースで、網干総合車両所宮原支所・野洲派出所内を乗車したまま電留線に入線して折り返します。その後、吹田総合車両所日根野支所では、乗車したままでの洗浄線体験や271系「ハローキティ はるか」の運転台での記念撮影を楽しむことができます。料金は、おとな12,800円から、こども10,800円、幼児3,000円です。ツアーの販売開始は10月27日(水)15時から、日本旅行「赤い風船 関西版」ホームページ上で受け付けます。

271系「はるか」は近畿圏の主要都市と関西国際空港を結ぶ特急として2020年3月にデビュー。しかし新型コロナウイルス感染症の影響を受け、空港利用客が激減し2021年3月まで運用を外れていました。2021年10月現在では、朝の通勤時間帯に281系と連結し、京都〜関西空港間を9両編成で運行していますが運行本数が少ないため、乗車する機会がなかなか少ない車両でもあります。

■ツアーのポイント
・車両基地など、今まで営業運行したことのない各エリアの風景や車内運転台での写真撮影
・車内では、持ち帰りできる限定の解説資料などをプレゼント
・車内でハローキティグッズのプレゼントやグッズの販売等を実施
・車内サービスでのおもてなしとして、特別にJR西日本の乗務員が乗車
・硬券タイプの記念乗車証をプレゼント
・大人の乗客には「ハローキティ版ひっぱりだこ飯」、小学生には「923形ドクターイエロー弁当」、幼児には「パンダくろしお弁当」を用意
・異なるグループの方が隣の席に座ることの無いように配席

期日: 2021/10/27 〜 2021/11/23

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ