JR東日本、 両毛線の新駅「あしかがフラワーパーク駅」を2018年4月1日に開業

画像:「あしかがフラワーパーク駅」位置と料金体系
「あしかがフラワーパーク駅」位置と料金体系

©JR東日本 高崎支社

JR東日本高崎支社は2017年12月7日(木)、栃木県足利市での開業を予定している両毛線の新駅について、駅名と開業日を決定、2018年4月1日(日)から「あしかがフラワーパーク駅」として営業を開始すると公表しました。

新駅は、両毛線の富田〜足利間に設置されるもので、1面1線のホームや駅舎などから構成される建築となり、Suicaの利用も可能となります。運賃は当面の間、富田駅と同額となります。

新駅の名称は、2017年7月に足利市が実施した駅名公募結果を踏まえ、地元の利用者にも愛される駅名であること、足利市東部地区を代表する観光施設である「あしかがフラワーパーク」に近接した駅となることから「あしかがフラワーパーク駅」が選定されました。

期日: 2018/04/01〜2018/04/01

ニュースURL

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: