JR西日本、1/15から在来線既存車両に車内防犯カメラ設置

ニュース画像:在来線既存車両に車内防犯カメラ設置  - 「JR西日本、1/15から在来線既存車両に車内防犯カメラ設置 」
在来線既存車両に車内防犯カメラ設置

©JR西日本

JR西日本は2022年1月15日(土)から、在来線の既存車両に検証を目的として車内防犯カメラを設置します。今後、順次本設置に移行し、2023年度末には、利用者の多い京阪神地区を走行する約5割の車両に設置を目指します。

同社は列車内の犯罪抑止効果を向上させるため、車内防犯カメラの設置を進めています。今後、新たに製造する車両は、基本的に標準装備として防犯カメラを設置。既存の通勤・近郊型車両は、駅間の走行時間が長く、利用が多い京阪神地区の新快速や快速から優先的に設置します。2023年度末を目途に、すべての新快速と関空・紀州路快速に設置するほか、その他の車両にも順次、設置を進める計画です。

また、特急車両もサンダーバードなどの京阪神地区を発着する車両から順次設置予定で、2023年度末を目途に、約7割の設置を目指します。

なお、防犯カメラ設置車両は、利用者へ周知するステッカーを車内に掲出します。

期日: 2022/01/15から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ