東急目黒線・南北線・埼玉高速線、4月上旬から8両編成の運行を開始

ニュース画像:東急目黒線の3020系 - 「東急目黒線・南北線・埼玉高速線、4月上旬から8両編成の運行を開始」
東急目黒線の3020系

©東急電鉄

東急電鉄、東京メトロ、埼玉高速鉄道は、2022年4月上旬から、相互直通運転を実施している目黒線、南北線、埼玉高速鉄道線において、8両編成列車の営業を順次開始します。

3路線の同時8両化は、目黒線の日吉駅以南に建設されている新路線「東急新横浜線」「相鉄新横浜線」の直通運転を見据えた施策として実施されているものです。これまでの6両編成から2両分、増結されます。

これまで3社は、8両編成化に伴い新たに供用する2両分の乗降口においてもホームドアや防犯カメラ整備などの工事を推進してきました。今回、目黒線全13駅で駅設備の整備、相互直通先の各線でも対応工事が完了することから、8両編成の列車の運行が開始されます。

4月上旬時点では、東急電鉄所属車両1編成から8両編成の運行を開始。その後順次、6両編成車に2両を増結していきます。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ