JR東 中央線のグリーン車導入、1年程度延期へ 世界的な半導体不足が影響

ニュース画像:中央快速線グリーン車イメージ - 「JR東 中央線のグリーン車導入、1年程度延期へ 世界的な半導体不足が影響」
中央快速線グリーン車イメージ

©JR東日本

JR東日本は2022年4月27日(水)、2022年度の設備投資計画について発表しました。この中で、輸送サービス変革として中央快速線へのグリーン車の導入に触れ、2023年度末を予定していたサービス開始を少なくとも1年程度遅れる見込みであるとしました。導入の延期については世界的な半導体不足の影響を受けていることが原因で、具体的なサービス開始時期については、決まり次第、発表されます。

グリーン車の導入は、中央線 東京〜大月間と青梅線の青梅間で、現行の10両編成に新たに新造する2階建てのグリーン車を組み込み、12両編成で運行するものです。当初は2020年頃の導入を目指していましたが、バリアフリーなどの設備対策工事の遅れの影響により、サービス開始時期を延期、今回再び導入の延期となりました。

JR東日本の今年度の設備投資額は、連結では2021年度実績比約1,140億円増の6,340億円、単体では約40億円増の5,000億円を計画。大規模地震対策などの安全性を向上させる投資を着実に進め、これを基盤に収益力の向上に資する投資を機会を逃さず実施します。さらに、地方創生や「脱炭素社会」実現への貢献、業務改革などのスピードアップに資する投資を実施する考えです。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ