磐越西線 喜多方~山都間、復旧は2023年春頃 大雨で橋りょう崩落被害

ニュース画像:濁川橋りょう - 「磐越西線 喜多方~山都間、復旧は2023年春頃 大雨で橋りょう崩落被害」
濁川橋りょう

©JR東日本

JR東日本は2022年8月の大雨により被災した磐越西線 喜多方~山都間の復旧について、2023年春頃の見込みと発表しました。

磐越西線は、濁川橋りょうの一部が倒壊・崩落したほか、盛土流出、土砂流入など、全線で計12箇所で被災しました。

9月29日現在、福島県 会津若松〜喜多方間と、新潟県 新津〜野沢間では臨時ダイヤでの折り返し運転を実施、喜多方〜野沢間はバスによる代行輸送を実施しています。

ニュース画像 1枚目:磐越西線の運行状況
磐越西線の運行状況

©JR東日本

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ