青梅線と中央線、3月ダイヤ改正で東京駅に6時台に到着する青梅特快を新設へ

画像:青梅特快
青梅特快

©JR東日本 八王子支社

JR東日本八王子支社は、2018年3月17日(土)にダイヤ改正を実施し、青梅線と中央線において東京駅に6時台に到着する早朝時間帯の「青梅特快」を新設します。

早朝時間帯の「青梅特快」は、平日、朝の通勤、通学の利便性向上を目的に、1本新設されるものです。青梅駅を5時39分に出発し、拝島駅を5時57分、立川駅を6時9分、国分寺駅を6時14分、三鷹駅を6時21分にそれぞれ出発、新宿駅には6時35分、東京駅には6時50分に到着します。なお、青梅駅で奥多摩発の初電からの乗り継ぎが可能です。

このほか3月17日(土)にダイヤ改正では、青梅線で輸送体系の見直しを実施、青梅~奥多摩間で、午後の運転本数の見直し、減便が行われます。詳しくは、JR東日本八王子支社のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/03/17から

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: