近鉄の3月ダイヤ改正、一般列車で急行停車駅の追加や最終列車の繰下げなど実施へ

ニュース画像:近鉄名古屋線で走行する急行 - 「近鉄の3月ダイヤ改正、一般列車で急行停車駅の追加や最終列車の繰下げなど実施へ」
近鉄名古屋線で走行する急行

©RailLab News

近畿日本鉄道は2018年1月18日(木)、2018年3月17日(土)に実施するダイヤ変更の詳細を公表しました。このうち一般列車では、急行停車駅の見直しや、最終列車の時刻繰下げなどが実施されます。

大阪線では、急行の停車駅に大和朝倉と長谷寺を追加し、昼間時間帯に榛原まで運転していた区間準急、普通列車が、大和朝倉または五位堂までの運転に短縮されます。名古屋線では、急行停車駅に南が丘と桃園を追加し、名古屋方面から普通列車は津新町まで、賢島、鳥羽方面からの普通列車は伊勢中川までの運転に短縮されます。

そのほか、大阪線、奈良線、京都線、橿原線、天理線、生駒線、けいはんな線、南大阪線、長野線、名古屋線では、最終列車の運転時刻を繰り下げが行われるほか、大和西大寺や大和八木、生駒での接続列車が見直され、最終連絡列車の繰り下げが図られます。

このほか近鉄では、大阪線と名古屋線で、始発列車を10分から20分程度繰り上げ、大阪上本町または名古屋への到達時を早めます。詳しくは近鉄のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/03/17から

ニュースURL

乗りつぶし、もう断念させません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ