JR仙台駅、3月18日から在来線1~6番線の発車メロディーを更新

ニュース画像:仙台駅 - 「JR仙台駅、3月18日から在来線1~6番線の発車メロディーを更新」
仙台駅

©RailLab News

JR東日本は、2018年3月18日(日)から、仙台駅在来線ホームの1番線から6番線の発車メロディーを更新します。これは、同日に仙台駅東西自由通路の使用開始や、駅ビルの「エスパル仙台東館」の開業から2周年を迎えることを記念して、実施されるものです。

在来線ホームの1番線から8番線では、2016年7月1日(金)から「すずめ踊り」が採用されてきましたが、今回は1番線から6番線のみ楽曲の変更が行われます。

新しく使用される楽曲は、東北本線、常磐線、仙石東北ラインでは、HOUND DOGの「ff(フォルテシモ)」が、仙台空港アクセス線では、MONKEY MAJIKの「Around The World」が採用されます。

編曲は榊原光裕さん、演奏は仙台フィルハーモニー管弦楽団によるものです。詳しくはJR東日本仙台支社のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/03/18から

ニュースURL

簡単に記録・集計できます!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ