JR東日本、青梅線に「東京アドベンチャーライン」の愛称を設定

画像:「東京アドベンチャーライン」ロゴとヘッドマークのイメージ
「東京アドベンチャーライン」ロゴとヘッドマークのイメージ

©JR東日本

JR東日本八王子支社は、2018年9月14日(金)、青梅線の青梅~奥多摩間に「東京アドベンチャーライン」の愛称とロゴマークを設定し、自然の中で、アウトドア・アクティビティを楽しむ路線としてPR活動を開始します。

愛称は、駅を降りてすぐに本格的な自然やアウトドアを楽しめる青梅線の魅力を「アドベンチャー」と いうワクワクする言葉で表現するとともに、「東京」を組み合わせることで東京都の一部である身近さ、アクセスの良さを強調したものです。

今後は、10月13日(土)からロゴマークをヘッドマークに付けたラッピング列車を運行するほか、御嶽駅と奥多摩駅は、現在の駅舎の魅力を活かしつつ、多摩産木材を使用しリニューアルを施します。御嶽駅にレンタサイクルや待合室が、奥多摩駅には待合室のほかに、靴洗い場や更衣室・カフェなどをオープンさせ、アウトドア拠点として、便利に利用できるようにします。

また、西多摩観光創出事業「Wild Tokyo プロジェクト」メンバーとのコラボレーションし、りアドベンチャーを楽しむ日帰りツアーの設定や、沿線の観光協会や商店組合等が紅葉のPRを目的に締結した「青梅・奥多摩もみじ協定」と連携し、エリア情報誌での特集や、立川駅での観光PRを実施します。

詳しくは、JR東日本八王子支社のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/10/13から

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: