JR東日本と東急、「観光型MaaS」の実証実験を2019年春に実施へ

画像:観光型MaaSが目指すイメージ
観光型MaaSが目指すイメージ

©JR東日本

JR東日本と東急電鉄は、2019年春に開催予定の「静岡デスティネーションキャンペーン」の開催時に、伊豆エリアにおいて「2次交通統合型サービス(観光型MaaS)」の実証実験を行います。

「2次交通統合型サービス(観光型MaaS)」のMaaSとは、「Mobility as a Service」の略称です。国内外観光客が駅や空港からバス、タクシー、AI 型オンデマンド交通、シェアカー等などの2次交通を、スマートフォンなどで検索・予約・決済し、目的地までシームレスに移動できるようにするサービスのことで、国や自治体と連携しながら、新しい交通手段の開発等に取り組むことで、旅行者の利便性向上と地方活性化に貢献するとしています。

今回の取り組みは、地方観光拠点では2次交通の担い手が減少し、観光客と地域住民に向けた移動サービスの質的維持が難しくなってきたことから、行われるものです。

実証実験の内容は、伊豆エリアの2次交通が検索・予約・決済できる機能と、宿泊施設、観光地等を連携させることで、国内外観光客が域内に点在する観光拠点をシームレスに移動できる仕組みを構築し、その効果を検証します。今回の実験は、日本初の「観光型MaaS」の実験になります。

詳しくは、JR東日本のウェブサイトを参照ください。

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: