西武新宿駅、案内コンシェルジュサービスの実証実験を開始

画像:「tripla チャットボットサービス」
「tripla チャットボットサービス」

©西武鉄道

西武鉄道とtriplaは2019年1月15日(火)から、コンシェルジュサービス「tripla チャットボットサービス」の実証実験を開始します。

この実証実験は、急増する訪日外国人への円滑な案内による満足度向上と、駅係員の業務負荷軽減を目指すものです。「tripla チャットボット」は、triplaが開発した人工知能(AI)と人のオペレーターの双方が、英語、中国語の繁体字と簡体字、韓国語の4言語で問い合わせに対応します。簡単な質問には AIが、複雑な質問にはオペレーターが回答します。

西武新宿駅に「tripla チャットボット」のQRコードを記載したポスターやパンフレットを設置し、スマートフォンやタブレット端末を用い利用してもらいます。おもに、西武新宿駅から川越観光の玄関口である本川越駅に向かう訪日外国人を対象に、宿泊施設など観光事業者の情報、周辺の観光情報などの問合わせ、飲食店の予約手配、タクシー手配、アクティビティ手配などに対応します。

実証実験の期間は1年間を予定していますが、予定実験件数に達した時点で終了となります。

期日: 2019/01/15から

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: