JR西日本、京阪神エリアの駅に通訳機「ポケトークW」を正式導入

JR西日本は2019年1月21日(月)から、「POCKETALK(ポケトーク)W」を京阪神エリアの駅に正式導入します。

「POCKETALK(ポケトーク)W」は、ソースネクストが提供するもので、世界74言語に対応し、互いに相手の言葉を話せなくても、まるで通訳がいるように対話できるAI通訳機です。

導入する駅は、京都駅、嵯峨嵐山駅、新大阪駅、関西空港駅、西九条駅、新今宮駅、奈良駅、新神戸駅、三ノ宮駅、神戸駅、姫路駅で、そのほかの駅でも、訪日外国人の訪問の多い駅に機動的に配置される予定です。

期日: 2019/01/21から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ