京都丹後鉄道 宮豊線、農産品を貨客混載輸送へ 国交省が物効法に基づき事業認可

画像:総合効率化計画の事業概要
総合効率化計画の事業概要

©国土交通省 近畿運輸局

国土交通省 近畿運輸局は2017年5月15日(月)、京都丹後鉄道を運営するWILLER TRANSと、京都府京丹後市の道の駅「丹後王国 食のみやこ」から共同で申請のあった総合効率化計画について、改正物流総合効率化法の規定に基づき、5月9日(火)付けで認定したと発表しました。この総合効率化計画では、京都丹後鉄道の旅客車両に農産物を搭載、輸送する「貨客混載輸送」が実施される予定です。

計画は、これまで各農家が各々トラックにより道の駅「丹後王国 食のみやこ」に運搬していた野菜や果物などの農産品を、京都丹後鉄道 宮豊線の久美浜駅で旅客列車に積み込み鉄道輸送、峰山駅で集荷し、「丹後王国 食のみやこ」へ車両運搬するものです。えんどう豆やレタスなどの野菜が運搬の対象となり、物流行程におけるモーダルシフトが図られます。また、輸送にかかる時間はこれまで2時間程度でしたが、駅までの輸送時間を含めた合計輸送時間は約1時間に圧縮されます。

貨客混載輸送の事業開始は6月1日(木)の予定です。国土交通省では、CO2排出量削減のほか、安定的な収入確保に基づく地方鉄道の経営改善、農家の運転時間の省力化などの効果が期待できるとしています。

期日: 2017/06/01〜

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: