箱根登山鉄道最後の「つりかけモーター」車、103号・107号が引退へ

ニュース画像:引退記念ロゴ - 「箱根登山鉄道最後の「つりかけモーター」車、103号・107号が引退へ」
引退記念ロゴ

©箱根登山鉄道

箱根登山鉄道は2019年4月1日(月)に、同社最後の「つりかけモーター」車である「103号‐107号」の編成が、7月に営業運転を終了すると発表しました。

「103号‐107号」は、同社の前身である小田原電気鉄道が、箱根湯本~強羅間の鉄道線が開業した1919年に投入した「チキ1形」をルーツに持つ車両です。木造車体の鋼体化改造、複電圧化改造、形式称号変更を経て、100年間活躍してきました。

引退にあたり、イベントなどを実施する予定ですが、詳細については、後日、発表されます。

あわせて、6月1日(土)に箱根湯本~強羅間が開業100周年を迎えることから、記念キャンペーンを、同日から2020年3月31日(火)まで開催することが発表されています。それに先立ち「ロゴマーク」も決定しています。

「ロゴマーク」は、「天下の険」と呼ばれる箱根を、3回のスイッチバックをしながら、上り下りする登山電車の特徴を、リボンで表現したデザインです。

期日: 2019/06/01 〜 2020/03/31

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

乗りつぶし、しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離はもちろん、自動計算!簡単に、写真やメモを添えて記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)