釧網本線などで利用できる「ひがし北海道ネイチャーパス」、販売開始

ニュース画像:「ひがし北海道ネイチャーパス」告知 - 「釧網本線などで利用できる「ひがし北海道ネイチャーパス」、販売開始」
「ひがし北海道ネイチャーパス」告知

©JR北海道

JR北海道はWILLERや釧網本線の沿線自治体と協力し、ひがし北海道エリアを周遊できる「Eastern Hokkaido Nature Pass(ひがし北海道ネイチャーパス)」の販売を2019年5月9日(木)から開始しています。

この商品は、鉄道から観光資源への着地交通をシームレスにつなぐ、先進的な次世代のテクノロジーを用いた旅行サービス「観光型MaaS」の取り組みの一環として販売されています。国立・国定公園や、世界自然遺産や自然を活かした体験アクティビティ、様々な泉質の温泉、新鮮な海や山の幸など、豊富な観光資源が存在するエリアを縦断している釧網本線を基軸に、周辺の公共交通を繋いで利用できます。

料金は税込で、「JR釧網本線3日間プラン」が大人8,900円、子供4,450円、「JR釧網本線4日間プラン」が大人9,900円、子供4,950円です。どちらも釧網本線に加え、斜里バスと阿寒バスの摩周線に2回乗車できるほか、網走バスの「あばしり観光施設めぐりバス」の1日乗車券がセットに含まれます。

今回の販売期間は「JR釧網本線3日間プラン」が10月29日(火)まで、「JR釧網本線4日間プラン」が10月28日(月)までです。販売場所は、WILLER TRAVELのウェブサイトで、JRの駅窓口などでは購入できません。

期日: 2019/05/09 〜 2019/10/29

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)