ニセコエクスプレス保存に向けクラウドファンディング 5月27日まで

ニュース画像:クラウドファンディングの告知 - 「ニセコエクスプレス保存に向けクラウドファンディング 5月27日まで」
クラウドファンディングの告知

©ニセコ町鉄道文化協会

ニセコ町鉄道文化協会は2019年5月27日(月)まで、クラウドファンディングを用い、キハ183系のジョイフルトレイン「ニセコエクスプレス」の車両を保存できるようにする活動を行っています。

「ニセコエクスプレス」は、国鉄から転換したばかりのJR北海道が1988年にデビューさせたジョイフルトレインです。おもに新千歳空港~ニセコ間を結び、スキー客輸送を行うリゾート列車を中心に、2017年まで活躍しました。3両編成で構成されていましたが、すでに2両は解体済みで、今回は残り1両となる先頭車の「キハ183-5001」を保存すべく活動しています。

目標金額は「860万円」で、達成した場合は、ニセコ駅の隣接地に保存されます。ただし、敷地の関係や輸送費用などにより、車両1両まるごと保存できず、先頭部を切断した部分的な保存となります。そこで、さらに資金獲得を目指す第二目標を「950万円」と設定し、1両すべてを、ニセコ町内の有島記念館で保存できるように活動中です。

5月21日(火)13時現在の資金獲得状況は約350万円で、部分保存する場合の目標額の44パーセントにしか、到達していません。

クラウドファンディングの募集は、「Ready for」のウェブサイトで行われています。1口10,000円から資金を寄せることができます。募集期間は5月27日(月)23時までです。

期日: 2019/05/27まで

ニュースURL

レイルラボ 機能紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)