台風19号、阿武隈川氾濫などで福島・宮城県南エリアの5路線で運休続く

ニュース画像:阿武隈急行線の被災状況 - 「台風19号、阿武隈川氾濫などで福島・宮城県南エリアの5路線で運休続く」
阿武隈急行線の被災状況

©阿武隈急行

2019年10月12日(土)から10月13日(日)にかけて東北地方を通過した台風19号の影響により、阿武隈川が氾濫、この影響などで福島県や宮崎県南の多くの鉄道が被災しました。10月15日(火)現在も5路線で運休が続いています。

このうち、阿武隈急行線では土砂崩れが発生し、当分の間運休することが決定しているほか、水郡線の磐城浅川~里白石間では橋梁が流出しました。

なお、只見線は会津若松~会津川口間で運転を見合わせていますが、10月16日(水)から運転を再開する計画です。また、東北本線の藤田~白石間は10月17日(木)から運転再開の見込みです。

路線不通区間不通事由
東北線藤田~白石
東北線新白河~松川土砂流失
磐越東線全線
只見線会津若松~会津川口
阿武隈急行線梁川〜槻木土砂崩れ
水郡線常陸大子~郡山磐城浅川~里白石間 橋りょう流出

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ