有楽町線と副都心線の新型車両17000系、丸型ヘッドライトを採用

ニュース画像:有楽町線・副都心線の新型車両17000系 - 「有楽町線と副都心線の新型車両17000系、丸型ヘッドライトを採用」
有楽町線・副都心線の新型車両17000系

©東京メトロ

東京メトロは2020年度中に営業を開始、2022年度までに全21編成180両を導入する新型車両17000系の詳細を公表しました。東京メトロは約45年にわたり活躍する有楽町・副都心線7000系を更新し、副都心線開業15周年、有楽町線開業50周年に合わせ新型車両を導入します。

導入計画は2020年度下半期に10両1編成を営業開始する予定で、2022年度までに10両を6編成、8両を15編成、計21編成、180両を導入します。主なデザインの特徴は、エクステリアに従来の7000系や10000系を連想させるような丸型のヘッドライトを採用し、車いすやベビーカーの利用客にフリースペースの位置が分かりやすいようサインを車端上部に掲示します。

インテリアは車内空間を有楽町線・副都心線ラインカラーの色彩に同調させたスタイリッシュなデザインで、連結面、座席横の仕切り、及び荷棚に透明な強化ガラスを採用し、車内の開放感を高めています。

従来の7000系と比べ、冷房能力を向上、座席幅の拡大、全車両にフリースペース設置、車両とホームの段差を低減するなど車内の快適性も向上しています。また、情報提供を充実するねらいから、車内案内表示を英語、中国語、韓国語と多言語対応し、運行情報・ニュース・天気予報などを提供します。

このほか、万一脱線した場合にも自動で列車を停止させる脱線検知装置の搭載や、総合指令所などから走行車両の機器状態をモニタリングするシステムを導入、犯罪行為の未然防止に備えた車両内セキュリティカメラの搭載など、安全・安定運行を高める装備も追加します。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

  • ニュース画像:有楽町線・副都心線の新型車両17000系

    有楽町線・副都心線の新型車両17000系

    ©東京メトロ

  • ニュース画像:インテリア イメージ

    インテリア イメージ

    ©東京メトロ

  • ニュース画像:フリースペース部 イメージ

    フリースペース部 イメージ

    ©東京メトロ

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ