新幹線札幌駅、周辺再開発や二次交通との結節、利便性から一部変更

ニュース画像:新幹線駅と再開発ビルの接続部 イメージ - 「新幹線札幌駅、周辺再開発や二次交通との結節、利便性から一部変更」
新幹線駅と再開発ビルの接続部 イメージ

©JR北海道

JR北海道は2020年1月16日(木)、新幹線札幌駅の計画について、詳細な検討を進める方針を明らかにしました。この整備計画は、鉄道・運輸機構から委託を受けた設計、さらに北5西1街区の再開発と調整が進められていたものです。詳細な検討による精査が完了すると、新幹線工事は建設主体の鉄道・運輸機構による工事実施計画の変更手続きを経て、進められます。

北海道、札幌市、鉄道・運輸機構、国土交通省、JR北海道の関係者による北海道新幹線札幌駅ホーム位置に係る調整会議では、2018年3月29日(木)に確認事項をまとめており、今回はそれを変更します。

特に新幹線専用改札を利用者にわかりやすいよう1階から3階に変更し、在来線改札、幹在乗換改札と同じフロアに集約します。再開発ビルとも接続することで、バス、地下鉄、タクシーなど二次交通との交通結節機能を確保します。

ホーム位置は、下りを南側におよそ1.5メートル、東側に25メートルほど移動し、上下ホームの幅員も変更し、乗換跨線橋と在来線ホーム接続部の通路幅を広くできる構造とするため、乗換跨線橋の位置を約50メートル西側に移動します。

変更に伴う工期、工事費は今後の詳細な設計に委ねられるものの、現在の計画の範囲に収まる見込みです。

ニュースURL

簡単に記録・集計できます!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)
  • ニュース画像:新幹線駅と再開発ビルの接続部 イメージ

    新幹線駅と再開発ビルの接続部 イメージ

    ©JR北海道

  • ニュース画像:新幹線専用改札

    新幹線専用改札

    ©JR北海道

  • ニュース画像:ホーム位置 平面線形でのイメージ

    ホーム位置 平面線形でのイメージ

    ©JR北海道

  • ニュース画像:在来線乗換跨線橋

    在来線乗換跨線橋

    ©JR北海道

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ