JR四国、新型コロナの影響で列車の運休を拡大・延長

ニュース画像:JR四国の車両 - 「JR四国、新型コロナの影響で列車の運休を拡大・延長」
JR四国の車両

©RailLab ニュース

JR四国は2020年4月29日(水)から、新型コロナウイルスの影響で列車の利用が大幅に減少していること、「緊急事態宣言」が全国へ拡大され不要不急の移動を避ける要請を受け、列車の運休を拡大・延長します。

4月29日(水)以降、当初5月17日(日)までの予定だった6本を含め、特急列車17本、普通列車7本を当分の間、運休します。ゴールデンウィーク期間中は、4月29日(水)からの運休に加え、特急列車31本が運休となります。

また、4月29日(水)から当分の間、予讃線の一部の特急「しおかぜ」、「いしづち」は、宇多津駅、多度津駅での分割・併結を実施しません。このため、特急「いしづち」は下り高松~多度津駅間、上り宇多津~高松駅間のみの運転となり、高松方面から松山方面への利用者は多度津駅で、松山方面から高松方面への利用者は宇多津駅で乗り換えとなります。

土讃線の一部の特急「南風」、「しまんと」も、4月29日(水)から当分の間、宇多津駅、多度津駅での分割・併結を実施しません。このため特急「しまんと」は下り高松~多度津駅間、上り宇多津~高松駅間のみの運転となり、高松方面から高知方面への利用者は多度津駅で、高知方面から高松方面への利用者は宇多津駅で乗り換えとなります。

編成の見直しにより、一部販売済みの指定席車両が連結されない場合があります。該当する指定席券を持つ方は、乗車前に駅みどりの窓口で、座席変更が必要です。乗車前に変更ができない場合は、車内で車掌に申し出てください。

JR四国はそのほか、3月から6月に予定していた臨時列車の運転、定期列車の車両増結についても、一部取りやめています。当面運転取り止めとなっているのは、「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」、「しまんトロッコ」、観光列車「La Malle de Bois」、増結取り止めとなっているのは「ゆうゆうアンパンマンカー」です。

また、4月29日(水)に開催が予定されていた「宇和れんげまつり」のイベント列車は、イベント中止に伴い、臨時列車運転および、特急列車の伊予石城駅臨時停車を取り止めます。

期日: 2020/04/29から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ