シーサイドライナーのキハ66.67形2編成、8月5日にラストラン

ニュース画像:Norikumaさんの鉄道フォト - 「シーサイドライナーのキハ66.67形2編成、8月5日にラストラン」
Norikumaさんの鉄道フォト

©Norikumaさん

長崎本線、大村線、佐世保線で運用されてきた愛称「シーサイドライナー」のキハ66.67形2編成が2020年8月5日(水)、ラストランを迎えます。引退する2編成はキハ66-5とキハ67-5、キハ66-11とキハ67-11ですが、ラストランは4編成で走行します。

ラストランは佐世保駅5番のりば発が20時53分、早岐着が21時6分です。途中、日宇駅、大塔駅に停車します。当該列車の車内にはJR九州の社員が感謝の気持ちをポスターにまとめて掲示するほか、出発駅と車内で車掌による特別放送を予定しています。また、長崎支社公式YouTubeでオリジナルラストラン動画を配信します。

キハ66.67形は1975年(昭和50年)3月10日のダイヤ改正にあわせ、筑豊本線・篠栗線などで快速として、またローカル急行列車「はんだ」や「ひた」で日田彦山線などで運用されました。JR九州発足後、2001年から長崎地区に配属され、長崎県を中心に佐世保線・大村線・長崎本線の快速「シーサイドライナー」や普通列車として運用されました。

ラストラン列車2編成の乗車客には「オリジナルポストカード」がプレゼントされます。また、キハ66.67形の残る8編成は、引き続き現在の路線で走行します。

期日: 2020/08/05

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ