大人気!三セクの「鉄印帳」増刷販売

ニュース画像:鉄印帳 - 「大人気!三セクの「鉄印帳」増刷販売」
鉄印帳

©日本旅行

「鉄印帳」が2020年8月18日(火)から、鉄道各社で販売される予定です。「鉄印帳」は、第三セクター鉄道等協議会に加盟する40社の連携事業の一環で、地方鉄道と沿線地域の振興を目的として7月10日(金)に販売を開始しました。各社とも人気企画となり、発売後およそ1カ月で完売する人気を受け、増刷販売されます。

全国の神社や寺院を回って御朱印を集める「御朱印帳」のように、全国の鉄道会社を訪れて「鉄印帳」に鉄印の記帳が受けられ、訪れた場所を記録していくことができます。今回増刷される「鉄印帳」は、スタンダードの紺色に加え、ピンク、緑、ブルー、黒の全5色を展開し、時期を違えて展開します。

鉄道会社により販売部数、色が異なります。また、8月19日(水)以降に販売する場合、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から販売時期を変更する場合があります。

なお、令和2年7月豪雨で被災した、くま川鉄道、肥薩おれんじ鉄道、南阿蘇鉄道の熊本県の3社は、引き続き通信販売を行う予定です。

■鉄印帳のカラーによる増刷時期
紺色:スタンダード
ピンク色:9月8日ごろ
緑色:9月15日ごろ
水色:9月24日ごろ
黒色:10月1日ごろ

■参加40社
道南いさりび鉄道、三陸鉄道、IGRいわて銀河鉄道、秋田内陸縦貫鉄道、由利高原鉄道、山形鉄道、阿武隈急行、会津鉄道、野岩鉄道、わたらせ渓谷鐵道、真岡鐵道、鹿島臨海鉄道、いすみ鉄道、北越急行、しなの鉄道、えちごトキめき鉄道、あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道、のと鉄道、明知鉄道、長良川鉄道、樽見鉄道、天竜浜名湖鉄道、愛知環状鉄道、伊勢鉄道、信楽高原鐵道、京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道)、北条鉄道、若桜鉄道、智頭急行、井原鉄道、錦川鉄道、土佐くろしお鉄道、平成筑豊鉄道、甘木鉄道、松浦鉄道、南阿蘇鉄道、くま川鉄道、肥薩おれんじ鉄道

期日: 2020/08/18から

ニュースURL

撮り溜めた鉄道写真、整理しませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ