冬の関西ワンデイパス、JR西・京阪・南海・近鉄など販売

関西地区の鉄道など交通事業者5社は、2020年11月30日(月)から2021年2月27日(土)までの期間、「冬の関西1デイパス」を販売します。JR西日本、京阪、南海、近鉄、大阪水上バスの5社が連携する企画乗車券で、関西空港駅を含め関西自由周遊区間へのアクセスが可能です。利用期間は12月1日(火)から2月28日(日)までです。

関西空港駅を含むJRの自由周遊区間内の普通列車、大阪水上バス「アクアライナー」、滋賀県を拠点とする江若交通バスの日乗り放題と、京阪電鉄の「びわ湖チケット」、南海電鉄の「高野山チケット」、近鉄の「奈良・西ノ京・斑鳩チケット」の引換券がセットで、料金は大人3,600円、こども1,800円です。JR西日本の主な駅のレンタサイクル駅リンくんも、利用日当日に限り1日1回利用できます。

「冬の関西1デイパス」はJR西日本ネット予約「e5489」と関西自由周遊区間内、和歌山、福知山地区の一部の駅のみどりの券売機で、利用日の1カ月前から当日まで購入できます。なお、みどりの窓口では販売されません。

期日: 2020/11/30 〜 2021/02/27

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ