Suicaが入場券に JR東日本が3月からスタート

ニュース画像:利用イメージ - 「Suicaが入場券に JR東日本が3月からスタート」
利用イメージ

©JR東日本

JR東日本は、Suicaなどの交通系ICカードを入場券のように利用できる新サービス「タッチでエキナカ」を2021年3月13日(土)から開始します。

「タッチでエキナカ」は、交通系ICカードを同一駅の自動改札機にタッチして入出場できるサービスです。入場券として利用できる入出場は2時間以内で、首都圏の電車特定区間の駅は140 円、それ以外の駅は150円の利用料が発生します。

サービス対象のエリアは、Suicaが利用できる首都圏、仙台圏、新潟圏の各駅在来線改札内で、Suicaのほか、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、nimoca、SUGOCA、はやかけんも利用可能です。新幹線改札機では利用できません。

同一駅であれば、例えば東口改札から入場、西口改札から出場といった通り向け利用も可能です。なお、定期券区間内の駅、IC企画券の有効区間内の駅ではこの入場サービスを利用することはできません。

期日: 2021/03/13から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ