東武大師線、自動運転を検証へ

ニュース画像:東武大師線 - 「東武大師線、自動運転を検証へ」
東武大師線

©東武鉄道

東武鉄道は2021年4月20日(火)、大師線で自動運転の検証を開始すると発表しました。2023年度以降、夜間の試運転を中心に検証運転に取り組む計画です。

東武大師線で検討されている自動運転は、添乗員付き自動運転「GoA3」です。東武鉄道は今後、少子高齢化、沿線人口・労働人口の減少が進む中、安全かつ利便性の高い輸送サービスを維持継続するため、業務で一層の自動化や機械化推進を図る必要があるとの考えを示しています。こうした将来予測に基づき今回、自動運転化の検証を開始します。

「GoA3」の自動運転は、避難誘導の役割を担う係員が列車に乗務し、運転士は乗務しません。日本では舞浜リゾートラインで導入されていますが、大手私鉄による採用は初めてです。

検証区間は西新井~大師前間の全線1キロメートル(km)で、検証の結果を踏まえ、自動運転の
実施を目指す計画です。

ニュースURL

全国走破めざしませんか!?

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ