西武、40000系を3編成増備 2021年度設備投資計画

ニュース画像:西武40000系 (Nichikaさん撮影) - 「西武、40000系を3編成増備 2021年度設備投資計画」
西武40000系 (Nichikaさん撮影)

©Nichikaさん

西武鉄道は2021年5月13日(木)、2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表しました。鉄道車両では、40000系車両の増備が明らかにされています。

40000系の増備は、車両の快適性向上を目的に実施されます。ロングシート仕様で10両編成を3編成、合計30両が増備されます。

このほか、駅空間の快適性向上として、ひばりヶ丘駅、多磨駅のリニューアル、西武園ゆうえんち駅の駅機能向上工事が実施されるほか、西武新宿線の中井~野方間の地下化、東村山駅付近の高架化が推進されます。また、井荻~西武柳沢間および野方~井荻間の連続立体交差化計画の早期事業化に向けた準備も進められる計画です。

また、駅ホームの安全性向上施策として、競艇場前駅、多摩湖駅、西武園ゆうえんち駅への内方線付き点状ブロックの整備、稲荷山公園駅1番ホームへのホーム隙間転落検知システムの設置のほか、ホームドアの整備検討が推進されます。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ